【準備編】開設時に必要なものリスト!

【概要編】はご覧頂けましたか?

今回の記事は、
「ECショップ運営サービス」を始めたい方に向けたものです。

もし、まだ概要編をご覧になっていない方は、
下のリンクからチェックしてみて下さい。

【概要編】素人でもECショップ運営がオススメ!

Yahoo!ショッピング」出店申請!

まず初めに、
何の為に、何の準備が必要なのか?を把握しましょう。

あなた名義のショップを弊社と協力して運営していきますので、
まずはあなたにYahoo!ショッピングでの「ショップ開設申請」を行って頂きます。

申請方法(記載の仕方、対応の仕方)は、
細かくお伝えしていきますので、ご安心下さい!

準備するモノ!

まず、開設にあたりまして、必要なものが6つあります。

必須なもの
  1. 個人事業主届(開業届)を税務署へ提出
  2. 新規ヤフーメール(新規ヤフー!ジャパンID)取得
  3. 住民票or印鑑証明書
  4. ネット銀行口座を開設(※事業用口座)
  5. クレジットカード
  6. 納税証明書

このの準備リストに対して、

『なんで納税証明書まで準備しないといけないの⁉詐欺⁉』
という方がいましたが、下の画像をみて下さい。

Yahoo!ショッピングHPの
グレイ色の枠内に明記されています。

(※↑画像元URLはこちら)

準備に時間がかかるものと、直ぐに準備できるもの、はたまた、先に準備しないと次に進めないものもありますので

こちらの流れで準備開始して下さい。↓

優先順位の再確認!
  1. 個人事業主届を税務署へ提出
  2. 新規ヤフーメール(新規ヤフー!ジャパンID)取得
  3. 住民票or印鑑証明書
  4. ネット銀行口座を開設(※事業用口座)
  5. クレジットカード
  6. 納税証明書

①-1 個人事業主届(開業届)

▼手書きでの申請の場合

申請の流れ
  • 税務署(住民票記載住所近くの税務署)に行く
  • 受付で『開業届を提出したい旨』
    『開業届の控えを1通を持ち帰りたい旨』を伝える
  • 開業届出書と控え用紙の2通をもらう
  • 必要事項を記入
  • 印鑑登録をしている印鑑で捺印
  • 受付に提出
  • 受付印が捺印された開業届控えを受けとる
  • 完了

💡不明な場合は、現場の方に聞くのが早い&確実です。

Webでの届出書作成

▼Webでの届出書作成も可能です。

※国税庁HP

申請の流れ
  • Web上で、開業届と控書に必要情報を入力
  • 入力完了後にデータ出力をして印刷
  • 印刷物に印鑑登録をしている印鑑で捺印
  • HP内に記載している方法で届先の税務署を調べる
  • その税務署へ提出しに行く
  • 受付印が捺印された開業届控えを受けとる
  • 完了

①-2 開業届出書の記載方法

▼こちらが開業届出書の見本です。

※ミスのないように、よく読んでから記入して下さい。

  1. 開業届を提出する税務署名と提出日を記入
  2. 納税地とは、通常は「住所地」のことを指します
    電話番号も忘れずに記載して下さい
  3. 氏名、生年月日、捺印(どの印鑑を使ったか忘れずに!銀行口座開設も契約書も全て同じ印鑑にするのがベスト。基本的に印鑑登録をしている印鑑を使いましょう)
  4. マイナンバーを記載
  5. 職業は「ネットショップ販売」
    屋号も記載(法人でいう会社名)
  6. 開業に〇をつける
  7. 事業所得に〇をつける
  8. 開業日を記載する
    (※開業日は過去1カ月以内が可能)
  9. 上段は「有」、下段は「無」に〇をつける
  10. 『インターネットでの主に洋服や雑貨の販売』と記載
  11. 従業員を雇うわけではないので記載なし
  12. 無に〇を付ける
  13. 記載なし

※③の印鑑について再度お伝えしますが、複数お持ちの方は、どの印鑑を使ったのかしっかりと覚えておきましょう!

※開業届の控えを忘れないように注意して下さい!開業届の提出だけを終えて帰ってくる方がたまにいますが、控えを後から用意するのは非常に面倒ですので、税務署で提出用紙をもらう時に、しっかりと控えが欲しい事を伝えて下さい!

②新規でヤフージャパンIDを取得

まず、新規でYahooメールアカウント(Yahoo!JAPAN ID)を取得して下さい。数分で完了します。

これは『EC店舗専用のメールアドレス』『ネット銀行口座用のメールアドレス』など、EC運営上の全てのメールアドレス設定時に使用しますので、最初に準備しましょう

屋号名やショップ名を入れるなど、
分かりやすいメールアドレスがオススメです。

※既にYahoo!メール(及びYahoo!JAPAN ID)を持っていて使用していない場合は、一度アカウントを削除し、新規での取得をお願いします。

https://login.yahoo.co.jp/

⚠️注意点

※店舗運営情報を共有する際に、今回作る全ての情報(Yahoo!JAPAN IDなど )を最後にシェアして頂きますので、何が何だか分からなくならないように、作成時(入力時毎に)に全てメモをしておきましょう!ミスが多発しています。困るのはオーナー自身ですのでご注意下さいませ。

③住民票or印鑑証明書

こちらの書類は、
ネット銀行口座(個人事業主口座)を開設する際に使用します。

基本的にジャパンネット銀行を推奨しています。

④ジャパンネット銀行口座

原則的に作成するジャパンネット銀行口座は、本件のEC運営のみで使用するものになります。

なので、もし既に開業されている方で、現在ジャパンネット銀行の『個人事業主用の口座』を使用している。という方がいましたら、別の銀行情報をアナウンス致しますので、ご連絡下さいませ。

※登録の際のメールアドレスは
②で作った『ヤフーメールアドレス』を必ず入力して下さい!

▼こちらがジャパンネット銀行の個人事業主口座の申請URLです。
https://www.japannetbank.co.jp/business/confirm/index_02.html

必要書類の申請(郵送)が完了してから、審査が最長で約3週間ほどかかります。審査結果を待ちましょう。もし、現在の口座申請状況を確認したい場合は、こちらのリンクから進捗状況が確認できます。

⑤クレジットカード

クレジットカードも必要になります。

もしクレジットカードをもっていない方は
ご準備をお願い致します。

Yahoo!ショッピング申請にて情報が必要になります。
(本人名義のカードが必須です)

※基本的に使用はしませんが、Yahoo!運営サービスなどの有料オプションなどを使用したりすることがあった際に使用します。ただ、費用は使用月の利益を支払う際にまとめて支払いますので、ご安心ください。

※事前にお伝えします。

⑤区役所・市役所で準備する書類

住民税の納税証明書が1通必要です。

注意点
  • 使用目的は『Yahoo!ショッピング申請に使用』
  • 直近2年以内のもの(2020年現在→令和元年度がベスト)
  • 税目は市県民税

扶養に入っています!現在まだ学生です!など、納税証明書が出せない方は『住民税の課税・ 非課税証明書』1通を取得して下さい。

各市役所・区役所によって取得書類の書式が異なりますので「書き方がいまいち分からない」という場合は、各窓口にて確認することをオススメします。

お疲れ様です!

以上で準備終了でございます。

もし、不安・不明な点がございましたら、
お気軽に問合せして下さい。

【補足】

準備物リスト
  1. 個人事業主届(開業届)を税務署へ提出
  2. 新規ヤフーメール(新規ヤフー!ジャパンID)取得
  3. 住民票or印鑑証明書
  4. ネット銀行口座を開設(※事業用口座)
  5. クレジットカード
  6. 納税証明書

※注意点のおさらいは『ヤフーIDやパスワード、メールアドレス、銀行申請情報のメモ(記録)、を絶対にしておくこと!』これは本当に注意して下さい。こちらではどうにもできなくなってしまいます。

以上で『準備編』は終了になります。

『申請編』へ進みましょう!

  1. 【概要編】素人でもECショップ運営がオススメ!
  2. 【契約編】利益配分と契約内容について!
  3. 【準備編】開設時に必要なものリスト!←今ここ
  4. 【申請編】Yahoo!ショッピング申請方法!
  5. 【楽天編】楽天市場への出店について!